サケ

サケ釣りウキルアーでのフッキングのコツ

明けましておめでとうございます!

ユタサクです。

 

今日はウキルアーでのフッキングのコツについて最重要ポイントをユタサクなりに解説していこうと思います。

答えから言ってしまうと、とても簡単で『サケの重みを感じてから合わせる』『竿先がしっかり曲がりリールが巻けなくなった時点で』と教科書に書いてある通りなんです。

「そんなことわかっているよ!」と怒られるかもしれませんが、大切なのはここからです。

なぜそこまでサケの重さが乗っていないといけないのかを理論的に説明している教科書はありません!

そもそもサケ釣りに教科書はないのですが(^_^;)

 

重要なのは理論的に理解するということ。

それではなぜ理論的に理解することが大切なのか、説明していきたいと思います。

 

イメージすることの重要性

まず初めにイメージすることの重要性について説明します。

 

サケ釣りにおいてのタブーはなんと言っても『早合わせ』。

分かっていても、慌ててしまい「さすがにもう大丈夫だろう!」と合わせると『スぽーンっ!』と抜けます。

そんな経験、みなさんありますよね。

 

「わかっちゃいるけど…。」昔から言われている言葉です。

ではどうすればいいのか、それは水の中のサケの動きをイメージすることです。

そうすることで、サケがかかりやすいタイミングでフッキングすることができます。

 

サケの動きがイメージできると確実にフッキング率が上がります。

『サケの重みを感じてから合わせる』という言葉からフッキングを学ぶのではなく、サケの動きをイメージすることを学ぶと早合わせが減ります。

 

サケ釣りにおける針がかりしない理由

ではなぜ、はやあわせすると針がかりしにくいのか。

その一つは、サケが餌を咥えたときの体の向きです。

サケがウキルアーを咥えるとき、そのほとんどがルアーを追いかけた後に咥えるため、サケの体の向きは竿先に向いています。

サケはルアーを咥えるとき少しの距離を一緒に泳ぎながら何度かつっつきます。

『コツっ コツっ』という前当たりがこれです。

当然、ルアーは糸を巻き取る自分に向かって泳いでくるわけですから、必然的にサケの体は自分、つまり竿の方に向くわけです。

そしていよいよ、ルアー(餌)を咥えるわけですが、気をつけてほしいのは咥えた時点では、まだサケの体は竿の方を向いています。

前当たりがあって若干、重さも乗りますからここで合わせてしまいがちですが、それが一番気を付けたい早合わせなんです。

ここの重要ポイントは、‟まだサケの体は竿に向かって真っすぐを向いている”ということ。

何となくイメージがつくと思いますが、サケが竿に向かっている時に合わせるとフッキングがしにくいんです。

理由は①餌をかけているために針が動きにくい ②サケの口に先端は細く針の掛かりやすい場所が少ない ③サケの先端は特に固く針がかかりにくい ということです。

そのため一瞬「乗ったか?」と思いますが次の瞬間『スぽーンっ!』と抜けてしまうのです。

 

サケの重みが加わることでの針がかりのしやすさ

それではサケの重みがさらに加わりリールが巻けないときのサケの向きについて考えてみましょう!

サケの重みが加わりリールが巻けない時、サケは餌を咥えながら体を反転させた状態と考えられます。

こうなると、フッキングのしやすさにおいて重要な2つのメリットがうまれます。

それは①フッキングしたときに針がかかりやすい口の横奥を通ること ②サケの重みが乗るため針が貫通する ということです。

 

もうお分かりかと思いますが、中途半端な重みでフッキングしても抜けやすく、しっかりと重みが加わったところでフッキングをするとしっかり針がかかるということです。

 

言葉だけで理解するよりも、イメージすることが大切なんです!

 

フッキングのタイミング

ではフッキングのタイミングについてサケの行動パターンを読みながら説明していきます。

まず、ここまで説明してきたパターンの‟前当たり ⊕ 咥え(やや重)⊕ 反転(重)”ですが、反転までゆっくりリールを巻いて待ちましょう。

必ず反転するタイミングがあると信じることが重要です。

まさにサケとの我慢大会! 絶対に負けられない戦いがそこにあります‼

 

次に‟前当たり ⊕ 反転(重)”ですが、前当たり後に咥えた瞬間、反転するパターンです。

前当たりを我慢できれば、余裕です。

 

最後に一番やる気のある‟咥えた瞬間反転”パターン。

ものすごくやる気のあるサケです。

当たりと同時に重さが乗るので、速攻鬼合わせです。

一番、単純で楽勝パターンですが、サケは元気に暴れる子が多いので気をつけてくださいね。

 

このようにサケの体の向きをイメージするだけでフッキングの確立が大幅に上がります。

 

次回予告

今回、フッキングにスポットを当てたのは、ユタサクの相当悔しい経験があったためです。

絶対にミスしてはいけない状況で、ほんの少し焦ってしまい、早合わせしてしまったことでバラしてしまいました。

『サケの重みを感じてから合わせる』というのは当たり前に分かっていたのですが、それでもなお、早合わせしてしまう、そこにサケ釣りの怖さを感じたのでした。

みなさんはしっかりとフッキングできるよう、サケの動きをイメージしてみてくださいね(^O^)

 

次回は少し釣りから離れたことを書いていきたいと思います!