サケ

サモメタ考察 サケを引き付ける魅力とは?

こんにちはユタサクです。

ウキルアーでサケを狙う皆さんにとって、ルアーのこだわりはとても大切ですよね。

きっと皆さんの中で鉄板となるルアーが存在することと思います。

 

ユタサクの中ではサーモンロケットのブルピンと今回紹介するサモメタのレッドドットバックが鉄板ルアーとなります。

サーモンロケットのブルピン記事はこちら↓

サケ釣り考察2018 ウキルアー① ユタサクのサケ釣りに関しては、本格的に初めて今年で4年目になります。経験が浅いと思われるかもしれませんが、実は10年前にサケ釣りを始...

 

今回はサモメタの良さ魅力についてユタサクなりの考察をしていきたいと思います。

 

サモメタのオススメポイント① 泳ぎの良さ

ユタサクがサモメタをなぜお勧めするか、その一番の答えがこれです。

泳ぎの良さ

サケを誘う泳ぎにも色々あるかと思いますが、サモメタの泳ぎはかなり理想的です。

左右にフワッフワッとゆっくりとスクロールしてくれるんですね。

その左右のふり幅がサケの気を引くのに実にいいんです。

 

ルアーによっては、かなり小刻みに動くものや、ほとんど動かないもの、くるくる回るものなど色々ありますが、サケのやる気を駆り立てるのは左右へのフワッフワッとした動きだとユタサクは思っています。

是非、他のルアーと泳ぎを見比べてみてください。

サモメタの泳ぎの良さがわかるはずです!

 

よく「サケ釣りに泳ぎは関係ない!」という人がいますが、それはめちゃくちゃフレッシュなサケが押し寄せている1級ポイントでの話。

岸よりして少し経過したサケ、薄い群れのサケに対しては泳ぎが重要になります!

これは絶対です。

是非お試しください。

 

サモメタのオススメポイント② よく飛ぶ

二番目のポイントは飛びの良さです。

ダントツの飛びではありませんが、かなりストレスなく投げられるルアーの一つです。

 

あまり多くはありませんが、状況によってはなるべく遠くへ投げなければならない時もあります。

こてこてのスプーン型のルアーでは、目指したところまで投げられないことがあります。

また、飛びの悪いルアーを投げるとできるだけ飛ばそうと意識してしまい、力が入るため投げ続けるとかなり疲れます。

ストレスなく投げ続けられ、サケにアピールできるサモメタは超オススメ!

 

サモメタのオススメポイント③ デザイン

サモメタのオススメポイントその3はデザイン。

特にユタサクのお勧めはレッドドットバック、見出しに載せた写真の物です。

デザインに関しては、それこそ個人の好みかと思うのであまり口出しする余地はないのですが…、

このレッドドットバックはサケの反応が抜群に良いです。

超オススメ‼

 

あと毎年、色々なデザインが発売されます。

使いたいと思うデザインであることはもちろん、純粋に「欲しい!」と思わせる物も多いです。

サケだけでなくニンゲンをも魅了するデザイン!

フックに口を引っ掛けないようお気をつけください(^O^)

ユタサクがリアクションバイトしてしまったルアー記事↓

サケ釣り考察2018 ウキルアー②今年のリアクションバイト ルアー Daiwa アキアジサーモンロケット アワビピンクゴールド これ今年発売されたルアーなんですが...

 

塗装が剥げにくいのも good ポイントですね!

 

唯一改善してほしいところ

ユタサクの希望として是非、40gのサイズを出してほしい!

サモメタは40gの重さを出していないんですよ。

 

なぜ40gかというと、ユタサクの浮きサイズがMax40gの物が多いので。

今年はサモメタを投げたいがために、45gまでのウキを準備しました(^_^;)

 

なるべく、べストのセットで投げたいし、ルアーチェンジもしたいのですよ。

40gにこだわりがあるユタサクにとってはとても重要なんです!

エンドウクラフトさん、是非ご検討ください!

 

とこの声がいつか届くよう大物を釣れるようコツコツ頑張ります!

 

次回予告

ウキルアーでのフッキングのコツを理論的に考察してみたいと思います。

今年、ヒントを得たバラしがあったもので…。