サケ

サケ釣り初心者講座⑤ サケ釣り“ウキフカセ”の道具と釣り方

こんにちは。ユタサクです。

今回は‟ウキフカセ”の道具と釣り方になります。

 

‟ウキフカセ”に必要な道具

‟ウキフカセ”のロッド・リール・ライン

ウキフカセに必要な道具は、ぶっちゃけ仕掛け以外、ウキルアーの仕掛けと変わりません。

ほぼ代用が可能です。

ウキフカセを本格的にやっている人にとっては、様々なこだわりを持っていると思いますが、サケ釣り初心者の方にはあまり分けて考える必要はないでしょう。

ただし、港でやる場合は仕掛けが長くなるので3m以上の竿の方が投げやすいです。

2m80cmくらいあれば何とかなるかなとは思います。

ロッド・リール・ラインについては以前の記事をご覧ください。

サケ釣り初心者講座② サケ釣り‟ウキルアー”の最低限の道具どうもユタサクです。 今回はウキルアーを始めるにあたって最低限必要な道具を説明します。 本当に初心者の人にとって安くてよいものを紹介...

‟ウキフカセ”の仕掛け

ウキの種類

ウキは棒状の自立ウキとドングリウキがあります。

写真は棒状の自立ウキです。

ドングリウキは、手持ちでありませんでした。すいません(^_^;)

初心者は棒ウキの方が見やすいのでそちらをお勧めします。

ドングリウキは風の抵抗を受けず、絡みにくいというメリットがありますが、初心者には見えにくいというのがあります。

港で釣る場合は棒ウキの方が、河口で釣る場合はドングリウキがよいかと思います。

棒ウキはその浮きの重さを利用して投げるため、大きい方が遠くに飛びます。

ただそこまで遠くに飛ばす必要はないので、初心者には小さめのウキで十分です。

たまに遠くに投げる人がいますが、風や波で流されて管理が大変です。

周りの人に迷惑をかける場合が多いので、遠くに投げる場合はサケがもじったりしてそこに確実にいるという場合だけにするのが無難です。

 

ウキフカセ仕掛けのセットの仕方

仕掛けは道糸に仕掛けのスナップを付けるだけでOKです。

ウキルアーと同様にリール側のラインを2重の輪に結んで、そこにスナップを通すだけです。

初心者の方は基本的にセットの物を購入するといいでしょう。

大体、2m位の道糸がついています。

道糸の途中にウキゴムが2つついて、そこのスナップにウキを取り付けます。

ウキゴムにはしっかりとストッパーを入れてください。

ウキが外れてしまうことがあります。

後はウキの位置を調節して仕掛けの深さを合わせます。

港だと平均1.5mくらいでOKです。

後は周りで釣れた人を観察して、釣れた深さを参考に調整しましょう!

餌の種類と付け方

餌はカツオ・サンマ・紅イカ・エビを使います。

1cm×3cmくらいの大きさでつけるとよいでしょう。

どのエサでもよいですがエサ取りが多いときは紅イカは必須です。

タコベイトは基本ピンクでOKです。

別の色を持っていても損はないですが、ルアーのように簡単に付け替えられるわけではなく、仕掛けごと変える必要があるので基本ピンクでよいかと思います。

‟ウキフカセ”の狙う場所と時間帯

港の場合は基本的に岸壁から2m~10mくらいが港での狙いどころでしょうか。
意外と1~2m位を泳いでいることも多くあるので回ってくるタイミングで静かに仕掛けを入れてあげるのもよい方法です。

サケが近づいてきたらタコベイトを10cmくらいふわっと動かし誘いを入れるとサケのスイッチが入り喰ってきます。

あまり動かしすぎると逆効果なので、不器用な人は動かさずそのまま待つ方が無難でしょう。

上記の方法で2連続で釣りあげたサケ。

 

 

あと周りで釣れている位置はよく見ておくと参考になります。

サケは同じ回遊ルートをとることが多いので、釣れた距離と同じ位置に仕掛けを入れておくことが一本釣りあげる近道になります。

 

時間帯はやはり朝まづめ・夕まづめが基本です。

ただ、日中もウキフカセにはチャンス十分なので釣れない時間帯に浮きルアーからウキフカセにチェンジしてゆっくり狙ってみるとよいでしょう!

 

‟ウキフカセ”の合わせ方

ウキフカセで難しいのはなんといっても合わせです。

ウキの動きとしては斜めにスーッと引きずり込まれるように沈み込むことが多いです。

他には3cmくらいビミョーに浮きが沈んだり、今までの動きとは何だか変な動きをする、今まで風はや波で動いていたのに動きが急に止まったなどです。

分かりやすく沈んでくれればわかりやすいのですが、サケが餌を口に入れたままその場所で止まるということもあります。

ビミョーな当たりの時は、ゆっくりをリールを巻いてラインのたるみを取り、サケの重みを感じた時点で合わせるというのがよいかと思います。

分かりやすくウキが沈んだ場合は、同じようにラインのたるみを取り合わせます。

『グルグルグルドーン!』ってイメージです。

巻き取る時間をなるべく短くしたいので無駄なたるみは常に取っておくことが必要です。

針はシングルフックで刺さりやすくなっているので、一度の合わせで貫通することが多いです。

しかし、たるみの巻き取りが甘かったり、半信半疑で合わせてしまった場合はしっかりフッキングされていないことが考えられるので、必ず追い合わせしましょう!

尚、カラフトマスが混じるときは、餌を口から離しやすいので当たりと同時に合わせなければバラします。

サケ釣りより難しいので8月のカラフトマスシーズンに練習すると腕が上がりますよ(^O^)

 

‟ウキフカセ”と‟浮きルアー”の二刀流

ユタサクは基本的にウキルアーで狙いますが、必ずもう一本ウキフカセ用の竿をすぐに投げ入れられるように餌も付けセットしておきます。

ウキルアーに疲れたり、ウキフカセの方が狙いやすいサケを見つけたり、ウキルアーに反応しなくなった時にはすぐにウキフカセへチェンジします。

ちなみに2本の竿を同時に使うのはマナー的にどうかと思います。

場所はとりますし管理しきれません。

必ずどちらか一方を使うようにしましょう!

 

次回予告

次回はサケ釣り“ぶっこみ(投げ釣り)”の道具と釣り方です。

ユタサクは、ぶっこみでゆったりとサケを狙いたいなあと思う今日この頃です。