サケ

サケ釣り初心者講座① サケの釣り方と特徴

どうもユタサクです。

今回はサケの釣り方についてと特徴について説明していきます。

なるべくサケ釣りが初めてという人に分かりやすく説明していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

サケのウキルアー釣り

サケのウキルアー釣りとは

サケのウキルアー釣りとは、重めのルアーが投げられる釣り竿とリールにウキルアーというセットを使いサケを釣る方法です。

セットとしては上の写真のセットがあれば始められます。

これに餌を付けるだけでOK! 

餌を付けなくても釣れますが、餌を付けた方がサケの反応は良くなります。

ウキとルアーはセットになっている商品もあります。

気に入ったルアーと組み合わせるにはバラバラに購入します。

海面にウキが浮いて、狙った深さをルアーが泳ぐ釣り方になります。

サケはゆっくりひらひらと動くものに反応します。

ルアー単体だとルアーが重みで沈んでしまいサケの泳いでいる深さ合わせて泳がすことができません。

また早く巻くと、サケの泳ぐ深さに合わせることができますがルアーのスピードが速すぎてサケは喰いつきません。

そこでゆっくりとサケの泳ぐ深さを攻められるようにウキルアーシステムが使われるようになりました。

ウキルアーのメリット①お手軽

ウキルアーの一番のメリットは手軽なところ。

最低限、竿とリール、ウキルアーシステムがあれば始められます。

初心者の方ではウキ釣り用のセットが釣具屋に売っています。

最低限のものが付いていて、あとは釣り場で餌を付けて投げて巻くだけです。

本当に時間がなく今すぐやってみたいという方には向いているセットだと思います。

大体、1万円前後で売っています。

 

ウキルアーのメリット②簡単

ウキルアー釣りはとても簡単です。ウキルアーシステムに餌を付けて投げてゆっくり巻くだけ。

リールのついている釣り竿で釣りをしたことがある人やルアーを投げたことがある人はすぐに始められます。

まっすぐルアーを投げられるようになればデビューできるでしょう!

 

ウキルアーのメリット③機動力

サケ釣りにおいては何よりもサケのいるところに行かなければ釣れません。魚のいないところでどんなに粘っても釣れないんです。

いかにサケがたくさんいるところを見つけて、移動できるかが勝負になります。

その点、ウキルアーはすぐに準備・片付けができ、移動が楽です。

また同じ釣り場内でもサケの跳ねたポイントにすぐ行くこともできます。もちろん空いている時だけですが・・・。

以上3点がウキルアー釣りのおすすめポイントです。

 

ウキルアーのデメリット①体力・精神力勝負

当たり前ですがウキルアー釣りはルアーを投げなければなりません。

何度も何度も。

やはり他の“待つ釣り”と違って“攻める釣り”になるので、投げなければ釣れません。

ユタサクはルアーを投げるだけでも楽しめる釣りバカです。

ですが、そんなユタサクでも1日中や2~3日、ルアーを投げ続けて当たりの一つも感じられなければかなり披露がたまってきます。

そして、その疲労はメンタルにも影響します。

3日間攻め続けてサケをゲットでなかったときは、帰りの運転席には『あしたのjyo』となったユタサクが座っています。

対向車の方から見ると死んでるように見えるかもしれません・・・。

機動力がある分、色々な釣り場へ駆け回り、何度も投げ、釣れなければまた移動という釣りになると体力と精神力が問われる釣りになります。

 

ウキルアーのデメリット②お金

ウキルアーは気軽に始められ、こだわらなければ1万円くらいで始められます。

ユタサクも初めは安い竿とリールで始めました。

でも男って趣味はこだわりたくなってくるんですよね。

いいものが欲しくなったり、色んな種類が欲しくなったり。

良い竿やリールを買おうとするとそれぞれ2万円以上、高ければ10万近いものもあります。

サケルアーでも1個1,000円します。浮きのシステムも700円くらいします。

もし根がかりして切れてしまったら1,700円がパアです。

 

そして物にこだわりだすと切りがなくなります。

欲しいものは次から次に出てきます。

ユタサクは“ものにこだわる”のではなく“釣り方にこだわる”と考え方をシフトしました。

安く良いものを長く使って、いかに釣るか。

もし、お小遣いの少ないお父さんや満足できない稼ぎのお兄さんがいましたら参考にしてください!

デメリット③テクニック

最初にウキルアーはお手軽で始めやすいと説明しましたが、やはり釣れる場所や人気の場所は非常に込み合います。

そういう釣り場では非常にテクニックが求められます。

ひどいところでは隣の人との距離が数十センチしかなかったりします。

周りの人の投げるリズム、巻く速さ、波や風の方向と強さなど色々と計算しなければなりません。

ユタサクはなるべくあずましく釣りがしたいので、そういう釣り場は避けますが、上達してサケを爆釣したいと思う人は行ってみてください。

かなりの精神力がないとはじき出されますよ(笑)

サケのウキフカセ釣り

サケのウキフカセ釣りとは

簡単にいうとウキ釣りです。

ウキとタコベイトといったシンプルな釣り方です。

釣り竿やリールはウキルアー釣りとほぼ同じ。

上の写真がウキとタコベイトになります。

これもセットで売っているので、初心者の人はそれを買うといいでしょう。

大体1,000円前後です。

ウキは丸い浮きもありますが、初心者は見えやすいように棒状のウキがいいでしょう!

絵が下手すぎるけど(笑) 水中イメージはこんな感じです。

水中でふわふわと漂うタコベイトに反応して喰いつきます。

ウキフカセのメリット①お手軽で簡単

ウキルアー同様、1セット道具がそろえばすぐにできます。

仕掛けも単純でセットで購入できます。

あとは餌を付けて海へ投げ入れるだけ。チョー簡単!

ルアーなども買わなくていいため一番安価にすみます。

 

ウキフカセのメリット②疲れない

ウキフカセはどちらかというと“待ちの釣り”といえます。

一度仕掛けを投げ入れたらひたすら待ちます。

風や波で流されない限りそのままの状態で待ちます。

椅子に座りながらできるので非常に楽です。

 

ウキフカセのメリット③時合じゃなくても釣れやすい

サケは「朝まづめ」といわれる明け方の時間帯が一番釣れます。サケの活性が一番高いときです。

一気に魚が連れだす時間帯を『時合』といいます。

時合を逃すと魚の活性は下がりなかなか釣れません。

特に浮きルアーは何度も何度も『ドボン!』と海へ投げ入れるためサケも警戒して喰わなくなります。俗にいう『スレる』という状態です。

そんな時、ウキフカセで静かーにサケの前をタコベイトがふわふわしているとサケは喰ってきます。

なかなかサケの活性が上がらない時間帯に強い釣り方といえます。

ウキフカセのデメリット①合わせが難しい

ウキルアーの合わせのタイミングは単純で、リールが巻けないくらい重みが乗った時になります。

一方、ウキフカセの場合は浮きが一気に沈んだり、少しだけ沈んで動かなかったり、なんだか変な動きをする、など分かりやすい場合もあれば非常に分かりにくいあたりもあります。

浮きのビミョーな動きで当たりを判断しなくてはなりません。

またウキルアーは最初からライン(道糸)を張った状態から合わせるので針がしっかり刺さりやすいのですが、ウキフカセはラインにゆとりがあり、合わせるときにゆとりをとってから合わせる必要があります。

半信半疑で合わせると針の掛かりが甘くばらしの原因になります。

サケの当たりと合わせ方を習得することが、ウキフカセ釣りでは重要になります。

ウキフカセのデメリット②目が離せない

ウキルアーは多少、目を離しても当たりが手に伝わるので問題ないのですが、ウキフカセは常に浮きを見ている必要があります。

ウキ釣りあるあるになりますが、ほんの少し目を離した瞬間に魚が喰いつくということがよくあります。

集中力の続かない人には向かない釣り方です。

サケのぶっこみ(投げ)釣り

サケのぶっこみ(投げ)釣りとは

サケのぶっこみ釣りとはいわゆる投げ釣りのことです。

投げ竿に仕掛けとオモリを付けて海に投げ入れます。

仕掛けは400円~600円くらいで売られています。

ぶっこみ釣りのメリット①体力的に楽

ぶっこみ釣りは仕掛けを海に投げ入れると、そのあとは当たりがあるまで椅子に座って待ちます。

竿先を見ている必要はありますが、多少目を離しても魚が喰いついていれば竿先が動き続けるので、あまりあわてる必要はありません。

鈴などを付けておくと目を離しても当たりに気が付けます。

比較的体の自由がきき、体力的には楽といえます。

ただ、フグなどのエサ取りがうるさいときは何度も餌の交換が必要なので状況によっては一番忙しい釣りになるかもしれません・・・。

ぶっこみ釣りのメリット②たくさんの竿を出せる

数うちゃ当たるではないですが、この釣りでは3本から多い人では10本近く竿を出します。

竿の数が多ければ多いほど釣れる確率は上がります。

時合が来た時などは次から次にあたりがきて数分で複数匹のサケをゲットできることもあります。

待っている間もドキドキワクワクですよ!

 

ぶっこみ釣りのデメリット①道具をそろえるのが大変

ぶっこみ釣りの場合、一本の竿では勝負できません。

最低3本は欲しいところ。

普段から投げ釣りでカレイなどを狙う人にとってはすぐ始められますが、1から準備する人にとっては大変です。

ぶっこみ釣りのデメリット②機動力がない

当然何本も海に投げ入れるので準備や片付けに時間をとられます。

サケの群れを見つけてもそこに行くのは時間がかかり、サケに仕掛けのところに来てもらうしかありません。

場所取りもし烈なので一度、そこでやると決めたらそうそう移動はできません。

「釣れなくてものんびりできたらいいかなあ」くらいの気持ちでできる人にはぴったりの釣りかもしれませんね。

次回予告

以上、サケの釣り方と特徴でした。

次回はいよいよ『サケ釣り“ウキルアー”の最低限の道具』について説明していきます。

ユタサクにとってサケ釣りの全ての釣り方が好きですが、準備をしていて一番ワクワクで楽しいのはウキルアーです。

それを伝えられたらと思います。

 

記事を書きながら思ったのですが、十勝の方では『たらし釣り』という方法でサケが釣られていますよね?

書けるほど詳しくないのでスルーしましたが、港でのサケの習性を考えた合理的でシンプルな釣り方だなあと思っていました。

詳しい方教えてください(笑)