サケ

サケ釣り考察2018 ウキルアー③

タコベイトのこだわり

こんにちわ、ユタサクです。

今日はサケルアーにおけるタコベイトについて思いをぶつけていきたいと思います。(誰にだよっ!)

タコベイトにおけるユタサクのこだわり、それはシングルフック(1本針)‼ 

色かと思ったでしょ? 大きさかと思ったでしょ? スカート(飾り)かと思ったでしょ?

いやいや、フックの数なんです。

なぜシングルフックなのか?

巷ではダブルフックが主流で、もてはやされています。「バレにくい」というのが一番の理由。

でもね、がっちりかかればそりゃあバレないんだけども、フッキングが甘いことでバラすことはダブルフックの方が多いんです。とユタサクは考えます。

理由としては、①サケは顎が固い ②サケ用フックが太い ③2つの針を貫通させるためのフッキングに力が必要 ということです。

実際にサケ釣りをしている人を見ているとダブルフックでばらす人がまあ多いこと。心の中で「もう一回しゃくった方が…。」と何度も言っています。そしてバラしているのを見て「ほら~、だから言ったじゃん。」ってつぶやきます(心の中で)。ダブルフックで2針とも貫通させるには結構な力が必要なんです。

シングルだと一回のフッキングで貫通します。うちの小学生の息子のフッキングでも貫通します。

シングルフックでバレるとすると針がかかる場所やサケの咥え方ですね。口切れしやすい場所や甘噛みのように咥えるとバレます。これは運の要素が強い気がします。そのような場合ダブルフックならかかるかというと何とも言えないですが、針がかるケースは若干上がるかもくらいですね。その確率以上にシングルの方ががっちりかかる確率の方が高いと考えます。

ダブルフックを使っていた過去

そんなユタサクもかつてはダブルフックのタコベイトを使っていました。

あれは10年前、ユタサクが初めてサケを掛けたときでした。それは八雲方面の漁港。

夕まづめに何気なく投げてみることに。周りの釣り人は3~4人。誰も釣れず、跳ねもみられず、あきらめムードの中、なんとユタサクのルアーに喰ってきたんです!

初めてのサケの引き。根がかりかと思いました(^_^;) 

「こんなの上げられない!」と思うほどサケの圧倒的なパワーでリールが巻けません。

10秒くらいの戦いののち“ふッ”と軽くなりました(ToT)/~~~ 

初めてサケを掛けバラすという経験。それから何年考えたことか(泪)

「なんであの時、もっと強く合わせなかったんだろう?」と。

でもその後のブッコミでの経験で問題はダブルフックではと考えるようになりました。もちろん浮きルアーとはシステムが違いますから、同じようには語れないのですが。ぶうこみでサケ特有のあたりがあり、思いっきり合わせて重さが乗ってもバレることが続いたんです。5回中4回バラしました。正直、泣きました・・・。浮きルアーの針はシングルですが、市販のものは必要以上に大きく太いんです。それに合わせてナイロンラインで竿も柔らかい。ビヨーンと針まで力が伝わらず、伝わった力では針が太くて、固いサケの顎には貫通しない。その時に理解したのは「サケ釣りは如何に針を顎に貫通させるか」ということでした。

 

なので基本ユタサクのタコベイトはシングルフック(1本針)です。

その他のこだわりは?

色はね、基本ピンクなんです。ピンクでも色々なピンクが出されていますが、オーソドックスなピンクでいいんです。

Daiwa AKIAJI CRUSADER 替えフックSS

こののピンクはシンプルでお気に入りです。後は

YAMASHITA タコベー 夜光ピンク・ブラックラメ

タコベーシリーズのシングル(1本針)は去年からかなり使っています。

色・タコベイトの形がいいのと何よりフックの大きさがユタサク好みなんですよ!

このくらいシンプルなピンクで十分と思います。色んなの出るから欲しくなっちゃうんですよね。例えば

YAMASHITA タコベー ラメ・ピンク

若干、暗さのあるピンクです。これもいいんですけどね。きっと釣れますよ。

でも結局、スタンダードなピンクに戻るんですよね。色の違いがビミョーすぎて、何がよかったかわからなくなるんです。

最後はどのピンクで釣れたかまでは覚えていないのが現実です。

最後に・・・、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、上の二つの写真はダブルフックです。

理由だけ簡単に説明するとDaiwaのタコベイトのシングルフックはよく使っていたのですが、形がごつくて好みではないんです。なのでユタサクはダブルフックを買って一本針を切って使います。

段差針なのでどっちを切ろうかいつも迷うのですが結局、上を切って下を残します。

2枚目のYAMASHTA タコベーはサイズが1.5号と小さいんです。

どちらかというとカラフトマス用ですかね。

ルアー説明でも少し触れましたが、ユタサクはルアーからタコベイトと餌までをなるべくコンパクトにしたいと考えています。

そこで1.5号と小さいサイズをダブルフックのまま使ってみたらどうかと考えたんです。針は2号よりもずいぶん細いので2本でも貫通はしやすいと思います。

カラフトマスも同時に狙えます。あとは針がサケの力に耐えられるかどうか。

今年試してまた報告します。

次回予告

カラフトマスシーズンなのでカラフトマス用のルアーを紹介します。あまり実績がないので自信ありませんが(-_-;)

 

カラフトマスルアー2018カラフトマス釣り大作戦 実はユタサク、カラフトマスはあまり釣っていません。一昨年は1本、去年は3本です。以上! ・・・、と終わっ...